紫外線と肌と影響について

紫外線を長時間照射されると、肌の細胞が壊れてしまうということは、多くの人が認識しているところです。お肌を紫外線からガードするために、人間の肌は自動で防衛機能を働かせています。

体に本来備わっている防御反応とは、表皮基底層におけるのメラノサイトによって、メラニン色素を増やすという現象です。正しいターンオーバーが行われている皮膚なら、一時的にメラニン色素が増えても、いずれ排出されます。ですが、お肌の健康状態に問題があるような時には、メラニン色素が代謝されずに、お肌の中にいつまでも残ります。メラニン色素が肌の内部に残っていると、徐々に黒くなってシミやソバカスといった肌トラブルの原因になります。そこでメラニンをブロックすることができるかどうかが重要になってきます。メラニンをブロックすることができると、シミができる前に防ぐことができるためです。強い紫外線の下で、長時間の活動をしていると、紫外線が皮膚に与えるダメージが大きくなるため、メラノサイトも活発になります。メラニン色素が増えると、美白や美肌が損なわれますので、紫外線をできるだけ浴びないようにすることが重要になります。皮膚に対してマイナスに影響する力は案外大きく、紫外線を浴びると肌の保湿機能を下げてしまうこともあります。お肌に蓄えられていた水分が減少すると、肌トラブルの原因になることが多いといいます。皮脂膜や、細胞間脂質など、肌の保湿を司る細胞に、紫外線はダメージを与えてきます。水分量も油分も守れない状態になり、皮膚は乾燥気味になって守る働きを失い、肌トラブルの原因になってしまいます。

コメントは受け付けていません。